発毛を早く実感するために、2ヶ月ちょっとで筆者が実感した「発毛三種の神器」を推奨するわけですが、その他にも気を使ったほうが良い事を。


まずはタバコですね。
筆者は、タバコに関しては1日に1箱〜2箱は今でも吸っています。

それでもこれほどまでに発毛できたわけですから、上記三種の神器の効果がいかに強力かという証なのでしょうが、欲を言えばタバコは控えたほうがいいみたいです。


タバコを吸うと血管が収縮するので、その分、頭皮への血流が妨げられるそうです。
つまり、毛根に栄養が行き渡りにくくなる、ということです。


ただ、その影響はとても小さいようで、タバコを吸う人の多くが薄毛なのか?というとそんなことはないわけでして、あくまでも”少ないが影響がある”というくらいかもしれません。



それよりも、頭皮環境の改善のほうが発毛には影響が大きいと思います。

特に、シャンプーした後に髪の毛がパサパサになる場合、頭皮もカラッカラに乾いてしまっている状況が考えられます。

コレの何がいけないかというと、頭皮がカサカサになると、自己防衛機能によって頭皮を守るため、皮脂が短時間に大量に分泌されてしまうことです。


大量に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうと、いくら毛根が元気でも髪の毛自体が外に出られなくなり、そのうち酸欠となって毛根は死んでしまいます。


シャンプー後に頭皮がカサカサになるのを防ぐためには、シャンプー後にホホバオイルで頭皮をマッサージしたり、ウーマシャンプーのような馬油配合シャンプーを使うといいですよ。


もちろん、ホホバオイルやウーマシャンプーだけでは直接発毛するわけではありませんが、最初にご紹介した「発毛三種の神器」と組み合わせて使うことで、


頭皮環境を改善し、頭皮の状態を万全にしておいて、発毛三種の神器で髪の毛を生やす

という完璧なものを目指すことができるはずです。



ちなみに筆者は、”ウーマシャンプーだけ”を使っていた時期が約半年ほどありました。
当時はフィンペシアもミノキシジルもその存在を知りませんでしたが。


その時は、確かに抜け毛は少し減りましたが、髪が増える事はありませんでしたね

ただ、ドライヤーで乾かした後の頭皮の感覚が、とても気持ちが良かったですし、ウーマシャンプーを使う前はよく頭皮がかゆくなっていたんですが、かゆくなることがほとんどなくなったので、それなりに頭皮が潤っているんだなあとは感じていました。


今はウーマシャンプーではなく、ドンキで購入した馬油シャンプーを使っていますが、使用感はウーマシャンプーとは比べ物にならないくらい悪いです(笑)。

ウーマシャンプー・・・高いだけのことあるなあ、とは思っているのですが、金銭的な問題でウーマシャンプーは現在使っていません。


金銭的に余裕があるのであれば、「発毛三種の神器」に加えて頭皮環境を整えるためにも、ウーマシャンプーは一度使ってみても損はないと思います。


【フィンペシア】+【ミノキシジル】最強発毛セット