筆者の発毛生活のカテゴリ記事一覧

【抜け毛】が一発で止まる!驚異の効き目
プロペシアのジェネリック版、成分同じで大幅に安いフィンペシア
フィンペシア1mg(150錠単位)
フィンペシア1mg(150錠単位)【あんしん通販薬局】

カテゴリ:筆者の発毛生活

筆者の発毛生活のカテゴリ記事一覧。フィンペシアの効果は、ちょっとした恐怖を覚えるほどスゴイ!実感している筆者がフィンペシアの効果について語ります。

筆者の発毛生活
髪の毛って、結局のところは”たんぱく質”でできているわけですから、たんぱく質を多く含む食事を摂ることが最低限の行為なんです。育毛剤や毛生え薬というのは、髪の…

記事を読む

筆者の発毛生活
発毛を早く実感するために、2ヶ月ちょっとで筆者が実感した「発毛三種の神器」を推奨するわけですが、その他にも気を使ったほうが良い事を。まずはタバコですね。筆者は…

記事を読む

筆者の発毛生活
育毛に良い、育毛に効くとされる食べ物って?それは、たんぱく質の多い食べ物です。海苔やコンブは、単なる都市伝説なので信じちゃいけません。あ、美味しいから食べるの…

記事を読む

髪の毛の栄養となる食べ物は簡単に手に入る!


髪の毛って、結局のところは”たんぱく質”でできているわけですから、たんぱく質を多く含む食事を摂ることが最低限の行為なんです。

育毛剤毛生え薬というのは、髪の毛の材料であるたんぱく質を活かすための媒体、であるに過ぎません。

髪の毛 生える.jpg

だから、たんぱく質もちゃんと摂らなければいけないし、自力で髪の毛が生えてこないのなら生活習慣を直したり、育毛剤や毛生え薬といったものの力を借りなければいけないですね、という話です。


髪の毛の材料となるたんぱく質は、肉や魚、豆腐や納豆などの豆類にたくさん含まれています。

でも、たんぱく質を多く含むものだけをたくさん食べていればいいのかというと、そうじゃないですよね?


たんぱく質をアミノ酸に分解し、そのアミノ酸を髪の毛に作り直すためには、体内で様々な栄養素が複雑に絡んでいるから、最終的に髪の毛になるわけです。


複雑に絡む栄養素というのも、ビタミンやミネラルなども含みますし、確かに髪の毛が作られるために最低必要な栄養素というのは研究・解析されています。


だから髪の毛に必要な栄養素だけを意識して食事すればいいのか、というとそうじゃなくて、それに絡む栄養素は”髪を作るために必要な栄養素だけではない”ということ。

髪に良い食事

だからこそ、

「いろんなものをバランス良く、好き嫌いなく食べなさい」

と、昔から言われているんですね。


薄毛に悩んでいる人を見ていると、やっぱり偏食の人が多い気がします。

好き嫌いが多いというのもありますが、脂っこいものばかりを食べてしまうような生活習慣になっていたり、好き嫌いしているわけじゃないけれど、いつも購入する食材が偏ってしまっているなど。


偏食というものをあまり意識することなく、とりあえず違ったジャンルの食事をまんべんなく食べていけば、髪の毛に必要な栄養が摂れないということはないはずです。

もちろん、食生活だけで生えてくるわけではないと思いますし、その人独特の体質であったり遺伝的な問題であったりするわけで、だかこそ育毛剤や毛生え薬といったものが存在意義があるわけで。


私も遺伝(母方の父親がつるっぱげだった)という、超えられない壁がありました。

10代、20代の頃は髪がごつくて多すぎて、散髪屋さんに

「あんたの髪は多すぎるけん、割増料金もらわにゃいけんな(笑)」

などと言われるほどだったんです。



しかも中・高の時から白髪もチラホラあったので、将来ハゲることはないだろう、と高をくくっていたところがあるんですが、35歳くらいの時に頭のてっぺんから薄くなっていき、徐々におでこ方面へ薄毛が広がっていきました。

このままじゃ将来、「はかせ」のようになるな、と思っていたんですが、偶然友人からのタレコミ(?)により髪の毛が完全に復活したわけです。


私の中では、3ヶ月続ければたとえ遺伝といえども、壁は超えられると思っています。

ただ、フィンペシアは誰でも飲めますが、ミノキシジルは心臓疾患などがある人は飲んではいけないので、そのあたりは注意が必要ですよ。


頭皮の環境を改善することで発毛が加速する可能性がある話


発毛を早く実感するために、2ヶ月ちょっとで筆者が実感した「発毛三種の神器」を推奨するわけですが、その他にも気を使ったほうが良い事を。


まずはタバコですね。
筆者は、タバコに関しては1日に1箱〜2箱は今でも吸っています。

それでもこれほどまでに発毛できたわけですから、上記三種の神器の効果がいかに強力かという証なのでしょうが、欲を言えばタバコは控えたほうがいいみたいです。


タバコを吸うと血管が収縮するので、その分、頭皮への血流が妨げられるそうです。
つまり、毛根に栄養が行き渡りにくくなる、ということです。


ただ、その影響はとても小さいようで、タバコを吸う人の多くが薄毛なのか?というとそんなことはないわけでして、あくまでも”少ないが影響がある”というくらいかもしれません。



それよりも、頭皮環境の改善のほうが発毛には影響が大きいと思います。

特に、シャンプーした後に髪の毛がパサパサになる場合、頭皮もカラッカラに乾いてしまっている状況が考えられます。

コレの何がいけないかというと、頭皮がカサカサになると、自己防衛機能によって頭皮を守るため、皮脂が短時間に大量に分泌されてしまうことです。


大量に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうと、いくら毛根が元気でも髪の毛自体が外に出られなくなり、そのうち酸欠となって毛根は死んでしまいます。


シャンプー後に頭皮がカサカサになるのを防ぐためには、シャンプー後にホホバオイルで頭皮をマッサージしたり、ウーマシャンプーのような馬油配合シャンプーを使うといいですよ。


もちろん、ホホバオイルやウーマシャンプーだけでは直接発毛するわけではありませんが、最初にご紹介した「発毛三種の神器」と組み合わせて使うことで、


頭皮環境を改善し、頭皮の状態を万全にしておいて、発毛三種の神器で髪の毛を生やす

という完璧なものを目指すことができるはずです。



ちなみに筆者は、”ウーマシャンプーだけ”を使っていた時期が約半年ほどありました。
当時はフィンペシアもミノキシジルもその存在を知りませんでしたが。


その時は、確かに抜け毛は少し減りましたが、髪が増える事はありませんでしたね

ただ、ドライヤーで乾かした後の頭皮の感覚が、とても気持ちが良かったですし、ウーマシャンプーを使う前はよく頭皮がかゆくなっていたんですが、かゆくなることがほとんどなくなったので、それなりに頭皮が潤っているんだなあとは感じていました。


今はウーマシャンプーではなく、ドンキで購入した馬油シャンプーを使っていますが、使用感はウーマシャンプーとは比べ物にならないくらい悪いです(笑)。

ウーマシャンプー・・・高いだけのことあるなあ、とは思っているのですが、金銭的な問題でウーマシャンプーは現在使っていません。


金銭的に余裕があるのであれば、「発毛三種の神器」に加えて頭皮環境を整えるためにも、ウーマシャンプーは一度使ってみても損はないと思います。


育毛に良い!育毛に効く!とされる食べ物は、ズバリ・・・


育毛に良い、育毛に効くとされる食べ物って?



それは、たんぱく質の多い食べ物です。


海苔やコンブは、単なる都市伝説なので信じちゃいけません。
あ、美味しいから食べるのはアリです。


髪の毛というのはたんぱく質でできているわけですから、たんぱく質を食べないと髪は生えてきません
当たり前といえば当たり前の話ですが。


たんぱく質の食材は、髪に良い事はもちろん、髪を黒く太くし、つやつやの髪の毛の材料となります

女性の薄毛が増えているみたいですが、女性だって同様にたんぱく質を摂らないと髪の毛にならないですよ。
女性ホルモンにも限界がありますから。


では、その中でも特に良さそうな食べ物はというと、脂分が少なく高タンパクな食品です。

豆腐や豆類、納豆なんかいいですよ〜。

e1ed1ee93e3eec8f6acba4abbc1fe58f_s.jpg

低カロリーで高タンパク!これぞ髪の毛を生やすための”奇跡の食材”かもしれません。

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s.jpg


あとは白身魚もいいですね。
焼いたり煮たりすれば、高タンパクで低カロリーです。

29f64867581d2c084cb5eaeec3f02555_s.jpg


・・・って、いや、肉食べたい!肉!

という不満の方もご安心を。

牛や豚のヒレ肉なんかは脂身が少なくて高タンパクなのでオススメですね。


steak.jpg

ほかにも、鳥のささみや胸肉なんかも脂分少なめの高タンパク食品です。


41896d5fa0bb18c7dc24fe4f4db28e30_s.jpg

と、もちろんわかってますよ!

「もも肉が食べたい!」ですよね?



鳥のもも肉なんかも実はオススメなんですが、料理に油を使うことが多いんですよね・・・。
お肉料理全般に言えることは、食べる時はなるべく脂分をなくしてから食べるようにしてください。



例えば、キッチンペーパーでお肉をサンドイッチして、脂分をしっかりと吸収させてから食べるとか、脂身のところはなるべく捨ててしまうとか。


ボディービルダーやボクサーなどは、キッチンペーパーで脂を極力吸いとってからいただく人も多いです。

パサパサになっちゃいますが。



なぜ脂分がダメなのかというと、カロリーもそうなんですが、脂分の多い食事をするとどうしても毛穴からの皮脂も多くなりがちです。

その皮脂が、毛穴を詰まらせてしまう事も、薄毛になる原因の一つだから。


せっかくフィンペシアとミノキシジルの組み合わせで、毛穴から髪の毛が出てこようとしているのに、毛穴に皮脂でフタをしちゃうことはないでしょう?


脂に気をつければ、肉類は良質なタンパク質なので、髪の毛の材料としては最適です。

豆腐や納豆などの植物性タンパク質よりも、実は動物性タンパク質のほうが体づくりには効率が良いとも言われています。

まあ、その差は少しですが。


どちらにしろ、たんぱく質でできている髪の毛を増やすためには、カロリーに注意しながら、たんぱく質の食事を摂るのが基本だということです。


髪の毛の材料を入れないと、加工のしようがないですものね。

Copyright © フィンペシアの効果に恐怖を覚えた! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

求人情報サイト